> 製品 > 熱画像暗視照準器 > 多機能熱画像照準器
多機能熱画像照準器
  • 多機能熱画像照準器多機能熱画像照準器

多機能熱画像照準器

Shenzhen Optical Microsemiconductor Technology Co., Ltd.が製造するこの高度な多機能熱画像照準器は、コンパクトで軽量な多機能熱画像照準器です。高度なノンブロックフィルム技術を採用しており、高感度、高リフレッシュレート、高安定性という特徴を持っています。 24時間あらゆるシーンを撮影・検知できます。偵察観測、野外狩猟、野外探検、警備・盗難防止、海上作戦、処刑などの特殊任務など様々な場面で使用されます。

お問い合わせを送信

製品説明


多機能熱画像照準器の応用範囲は非常に広く、赤外線技術の継続的な開発と普及により、新しい用途が絶えず開発されています。現在、主に以下のようなアプリケーションカテゴリーがあります。科学研究、電気機器、電気機械機器、研究開発の品質管理、建物検査、軍事およびセキュリティ。

多機能熱画像照準器の特長

➢高分解能非冷却赤外線検出器
➢オリジナル輸入高解像度OLEDカラーディスプレイ(1024*768)
➢低消費電力設計、2 つの 18650 バッテリーで 8 時間以上連続動作可能
➢シンプルで高速な操作、フレンドリーで人間味のあるインターフェース ➢起動時間が短く、すぐに観察できる
➢照準精度を向上させる電子ズーム機能
➢ 光漏れ防止ゴーグル設計、優れた隠蔽性
➢5つのクロスカーソル差別化スタイル、4つの差別化カラー、さまざまなデバイスに適応
➢保護等級IP67、防雨、高信頼性、耐久構造
➢アップグレード可能なレーザー測距モジュール

多機能熱画像照準器の仕様

商品名 多機能熱画像照準器
検出器の種類 非冷却赤外線検出器
ワーキングバンド 8~14μm
解像度 (ピクセル) 384×288/640×512(12μm)
焦点距離 35mm、40mm(F1.0)
接眼レンズ 0.39インチHD OLED
モニターの解像度 1024*768
十字線の微分スタイル 5種類
画像モード ホワイトホット、ブラックホット、レッドホット、フォールスカラー、スカイ、ストローク
電子ズーム 1X/2X/4X
電池のタイプ 18650、3.7Vリチウム電池×2個(交換可能)
外部ビデオ出力 PALアナログビデオ
連続使用時間 8時間以上
動作温度 -40℃~60℃
重さ ≤610g (42mm レンズ、バッテリーとブラケットなし)
サイズ 176mm(長さ)×80mm(幅)×72mm(ブラケットの高さを含む)
耐衝撃性 6000ジュール
測距モジュール 外部ディスプレイ

1 使用前の準備

1.1 開梱
この製品を使用する前に、まず次の操作を実行する必要があります。
➢ 梱包箱を開け、機器と部品を取り出します。 ➢ 付属品に不足がないか確認してください。
➢ 装置のインターフェイス、本体、対物レンズ、操作ボタンに損傷がないか確認してください。
➢ すべての対物接眼レンズがきれいで、正常に使用できることを確認してください。注意:付属品が不足または破損している場合は、時間内にアフターサービスにご連絡ください。
1.2 バッテリーの取り付け

1.1.1 バッテリーの説明
1.製品名: 18650 リチウム電池
2.数量: 2ノット
3.動作電圧: 3.7V

1.1.2 インストール
1. 定格電圧3.7Vの18650リチウムイオン充電池をご使用ください。
2. 電池カバーのネジを反時計回りに外し、電池のプラス極とマイナス極をマークに従って電池収納部に入れ、電池カバーを締めます。
注: バッテリーの逆取り付けは固く禁止されており、逆取り付けによって生じた機器の損傷はお客様の負担となります。

1.3 フォーカス
1. 現在の環境に適したレンズを選択し、レンズを無限遠に向けます。
2. ターゲットの位置を合わせ、対物レンズを回転させて画像の鮮明さを調整し、ターゲットが最も鮮明になるようにします。

2ページ



2.1 メインページ
デバイスの電源を入れたときに最初に表示されるページがメイン ページです。メインページは座標、電子コンパス、時刻などの情報で構成されています。



(1) 定規
➢ 電子コンパス
➢ 十字カーソル
(2) ステータスバー
ステータス バーには、システムの現在のステータスが表示されます。
➢ バッテリー残量
➢ モード
➢ 時間
➢ 倍率

3つの機能
31 キー機能の定義



メインメニュー上キー/拡大ショートカットキー/ピクチャーインピクチャーショートカットキー
メニューキー/メニュー終了キー
メインメニュー下キー/モード切替ショートカットキー

レーザー距離測定キー(オプション)/値調整キーを短押しします。

サブメニューオプションスイッチ/数値増加キー
電源オン/オフ/休止状態

3.2 機能の詳細説明
3.2.1 電源のオン/オフ
次の方法でマシンの電源を入れますボタン ボタンを短く押して、マシンの電源を切ります。ボタンを長押しして、マシンの電源を入れます。
短いボタンでスリープします。
ボタンを短く押します電源をオンにするにはボタンを長押ししてシャットダウンし、オンのときにボタンを短く押してスリープにします。
3.2.2 メニュー
電源を入れてから約 10 秒待って、メイン ページのダブル モードでボタンを短く押してメイン メニューをポップアップ表示します。
1つ。次に、上下キーを短く押すことで、メイン メニューのさまざまなオプションを移動したり切り替えることができます。図 4-2 に示すように。



3.2.3 言語
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップするには、ボタンを短く押しますを押して「言語」を選択し、ボタンを短く押します
言語を切り替えるキー。図 4-3 に示すように:



3.2.4 レーザー測距(オプション)
ボタンを短く押しますボタンを短く押してメイン メニューをポップアップします。を押して「距離測定」を選択し、ボタンを短く押します
キーを押して距離単位を切り替えます。図 4-4 に示すように:



3.2.5 ホットスポット追跡
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップするには、ボタンを短く押します下に押して「ホットスポット追跡」を選択し、短く押します
ボタンを押してスイッチを切り替えます。図 4-5 に示すように:



3.2.6 ピクチャインピクチャ
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップするには、ボタンを短く押します下を押して「ピクチャーインピクチャー」を選択し、短く押します
ボタンを押してスイッチを切り替えます。図 4-6 に示すように:



3.2.7 電子コンパス
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップするには、ボタンを短く押しますを押して「電子コンパス」を選択し、短押しします
キーを押してサブメニュー、コンパス、パンおよびチルトスイッチのオプションに切り替え、ボタンを短く押しますスイッチを切り替えるには。写真のように



3.2.8 画像調整
ボタンを短く押しますボタンを短く押してメイン メニューをポップアップします。を押して「画像調整」を選択し、短く押します
ボタンを押すとサブメニューに切り替わり、コントラスト調整、明るさ調整、画質モードの切り替えを行います。
ボタンを押す切り替えて調整します。図 4-8 に示すように:



3.2.9 シャープネスレベルの調整
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップ表示するには、ボタンを短く押して「シャープレベル調整」を選択し、短く押します。
ボタンを押すシャープネスレベルを調整します。図 4-9 に示すように:



3.2.10 ブラインド要素の補償
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップ表示します。下ボタンを短く押しますを押して「ブラインド要素補正」を選択します。操作、手動補正ショートキーを選択、X、Y 軸をブラインド要素に合わせて調整します。
位置を指定し、オプションに従ってブラインド要素の削除を実行して保存します。図 4-10 に示すように:



3.2.11 工場出荷時設定の復元
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップするには、下ボタンを短く押します、「工場出荷時の設定に戻す」を選択し、ボタンを短く押します。プロンプトが表示されたら、ボタンを短く押します。もう一度復元を確認します。図 4-11 に示すように:



3.2.12 時刻設定
ボタンを短く押しますメインメニューをポップアップ表示するには、ボタンを短く押して「時間設定」を選択し、ボタンを短く押しますカレンダーと時刻調整オプションのサブメニューに切り替えるには、ボタンを短く押します。選択して上へ 押し下げて調整します。図 4-12 に示すように:



3.3 クロスカーソルの修正
3.3.1 銃の種類のメモリ
ボタンを長押しします十字カーソル調整メニューをポップアップ表示し、下ボタンを短く押して「銃の種類の選択」を選択し、ボタンを短く押します銃の種類を切り替えます。図 4-13 に示すように:



3.3.2 X軸座標調整
ボタンを長押しします十字カーソル調整メニューをポップアップ表示するには、下ボタンを短く押して「X 軸」を選択し、ボタンを短く押して、十字カーソルのX軸座標位置を調整します。図 4-14 に示すように:



3.3.3 Y軸座標調整
ボタンを長押しします十字カーソル調整メニューをポップアップ表示し、下ボタンを短く押して「Y 軸」を選択し、ボタンを短く押します。十字カーソルのY軸座標位置を調整します。図 4-15 に示すように:



3.3.4 十字カーソルのレティクルスタイルの調整
ボタンを長押しします十字カーソル調整メニューをポップアップするには、下ボタンを短く押します「レティクル スタイル」を選択するには、ボタンを短く押してスタイルを切り替えます。図 4-16 に示すように:



3.3.4 十字カーソルの色調整
ボタンを長押しします十字カーソル調整メニューをポップアップ表示し、下ボタンを短く押して「カラー」を選択し、ボタンを短く押します十字カーソルの色を切り替えます。図 4-17 に示すように:



3.3.4 スタイルストレージ
ボタンを長押しします十字カーソル調整メニューをポップアップ表示するには、下ボタンを短く押して「設定を保存」を選択します。デフォルトは「Y」です。ボタンを短く押します。保存すると、修正および調整された十字カーソルのスタイルが保存されました。キーを短く押す保存しない場合は。図 4-18 に示すように:



3.3.5 メインインターフェイスに戻る
ボタンを短く押しますをクリックしてメニューを終了し、メインインターフェイスに入ります。

ホットタグ: 多機能熱画像照準器、中国、メーカー、サプライヤー、工場、中国製、価格、卸売、最新、高度な

関連カテゴリー

お問い合わせを送信

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。 24時間以内に返信いたします。